オーロラさんの勉強帳

33歳、未経験からIT業界へ。SESのロースキル客先常駐勤務。データベース、Excel、Excel VBA、ネットワーク、LinuxなどIT関連のことを主に書いていきます。

ORACLEデータベース 用語

主にOracle Database 11g の書籍を参考にOracle Databaseの用語をまとめようと思います。

※バージョンにより異なる箇所があるかもです。

※随時追記していきます。

 

 

 

Oracle Universal Installer:OUI

・新規Oracleソフトウェアのインストール

・マシン上にインストール済みのOracleの表示

・インストール済みのソフトウェアのアンインストール(削除)

OUIでは、GUIで上記のことができます。

 

 

f:id:auroralights:20200329195011p:plain

Oracle Universal Installer 12c

 

Database Configuration Assistant:DBCA

・データベースの作成・削除

・データベースのオプション追加

・テンプレート管理

・自動ストレージ管理の構成

DBCAでは上記のことができます。

 

OUI(Oracle Universal Installer)は、Oracleソフトウェアおよびオプションをインストールし、DBCA(Database Configuration Assistant)を自動的に起動します。起動したDBCAでデータベースを作成します。

 

DBCAのテンプレート

データウェアハウス:大量データを処理する多数の複雑な問合せをユーザが実行する環境向け

汎用またはトランザクション処理:データへの高速アクセスを必要とする多数のトランザクションを多数の同時ユーザが実行する環境向け

カスタムデータベース:データベースの定義において最大限の柔軟性を提供する

 

ORACLE_HOME

Oracleソフトウェアを含むディレクトリを指定する環境変数

 

ORACLE_SID

インスタンス名で、デフォルトはorclが設定される環境変数

 

環境変数

プログラムから参照できるように用意された文字列変数のこと。

 

インベントリディレクト

ソフトウェアのインストール時に使用。Oracleホームにインストールされている全Oracleソフトウェア製品、Java Runtime Enviroment(JRE)など、Oracleソフトウェアに含まれるOracle以外の製品に関する情報を格納。

 

Oracle Enterprise Manager

Oracle Enterprise Managerは、OUIによるOracleソフトウェアのインストールに含まれており、フレームワークには以下の機能領域が含まれる。

・管理ターゲット

・管理サービス

・Grid Control

・Database Control

・Application Server Control

 

Oracle Net

Oracle Net Servicesのコンポートネント。クライアントアプリケーションとサーバの間の接続を確立/保守。両者間のメッセージを交換する役割を果たします。

 

 

クライアント・サーバ形式の場合は、クライアント、データベースサーバの両方にOracle Netがインストールされている必要がある。

f:id:auroralights:20200329203343p:plain

クライアント/サーバ形式

 

Webサーバ経由のWebアプリケーションの場合、Oracle NetはWebサーバ側とデータベースサーバ側の両方にインストールされている必要がある。

f:id:auroralights:20200329203422p:plain

WebAPサーバによるWebクライアント接続

 

 

Oracle Enterprise Manager

Oracle Net Servicesを構成/管理するための統合環境を提供

 

Oracle Net Configuration Assistant

Oracleデータベースのリスニングプロトコルアドレスとサービス情報を構成できます

 

Oracle Net Manager

GUIインターフェイスを使用して、ローカルクライアント上またはサーバホスト上でOracleホームのOracle Net Serviceを構成することができます

 

リスナー

データベースサーバのコンピュータ上で動作するプロセス。クライアントからの接続要求を受信し、それをデータベースサーバに転送します。

listener.oraというテキストファイルにリスナーの構成情報は格納されています。listener.oraは、$ORACLE_HOME/network/adminは以下に格納されます。