オーロラさんの勉強帳

SESのロースキル客先常駐勤務。データベース、Excel、Excel VBA、ネットワーク、LinuxなどIT関連のことを主に書いていきます。

【Linux】【入門】touchコマンドで新規ファイルを作成し、シェルスクリプトを実行する

目次

この記事の目的

touchコマンドで新規ファイルを作成し、viエディタでファイルにシェルスクリプトを記述し、シェルスクリプトを実行する。
各コマンドなどの詳細は省くが、一連の操作を実際に実施することで理解を深めることが目的です。

touchコマンドについて

touchコマンドはタイムスタンプを更新するコマンドです。
存在しないファイル名を指定することで、空の新規ファイルを作成することもできます。
※この記事ではtouchコマンドの詳細は省きます。


<タイムスタンプの更新(ファイルのアクセス時刻を現在に更新)>

touch [既存ファイル名]

<空の新規ファイルを作成>

touch [新規ファイル名]

touchコマンドで空の新規ファイル#を作成する

pwdコマンドで現在のディレクトリ(カレントディレクトリ)の確認後、
ls -lでカレントディレクトリのファイル・ディレクトリを確認します。
f:id:auroralights:20210203012929p:plain


次にtouch hello.shで「hello.sh」というファイルを作成します。

touch hello.sh

f:id:auroralights:20210203013226p:plain
※lsコマンドで「hello.sh」が作成されていることを確認します。

作成したファイルをviエディタで編集する

vi hello.shでhello.shを編集します。

vi hello.sh

f:id:auroralights:20210203014805p:plain
画面がエディタに切り替わったら「i」キーを押下して、「入力モード」に切り替えます。
入力モードで以下のシェルスクリプトを入力します。

#!/bin/bash
echo "hello world."

入力が終わったら、「Esc」キーを押下し、「コマンドモード」に切り替え、「:wq」を入力し、「Enter」キーを押下します。
※「:wq」は保存してエディタを閉じます。
※viエディタの基本操作は今回は省きます。

ファイルの実行権限の確認

実行権限が無ければシェルスクリプトの実行ができません。
ls -lコマンドで実行権限の確認をします。

ls -l

f:id:auroralights:20210203015630p:plain
「-rw-rw-r--」となっています。
※権限の見方の詳細は省きますが、実行権限の「x」がありません。
以下のコマンドで実行権限を付与します。

chmod +x hello.sh

ls -lで「x」の実行権限が付与されたことが分かります。
f:id:auroralights:20210203020042p:plain


シェルスクリプトの実行

以下のように「./hello.sh」もしくは「sh hello.sh」、「bash hello.sh」と実行することで、hello world.が返ってくることが分かります。

./hello.sh
sh hello.sh
bash hello.sh

f:id:auroralights:20210203020629p:plain